カタチを図面に

図面を逸失した製品を復元する場合、海外製品を国産化したい場合など、現品を測定し、図面化することで製造を可能とすることができます。3Dスキャナを利用した3Dデータ化はもちろんですが、三次元測定器などの精密測定の上、使用上の条件を加味した図面化が可能です。また、測定のみのお手伝いもさせて頂きます。

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングとは、既に存在する現物を工業的に製作できる形に再構成するものです。

当社では、立体物の三次元(3D)データ化(点群データ、面データ、ソリッドデータ)、そのデータを利用しての立体物製作も対応しています。

立体物製作の方法には、3Dプリンタを含むいわゆるラピッドプロトタイピングや、切削加工等のオプションがあります。

一般的手法

リバースエンジニアリングの一般的な方法は、3Dスキャナーリバースエンジニアリングソフトウェアを利用した3D測定や3Dモデリングを行なうものです。仏像などの重要文化財をスキャンしてデータ化するような場面でも使われます。当社では、3Dスキャナ「Artec Spider」とリバースエンジニアリングソフトウェア「Design X」を使用しています。

当社の独自手法

対象物を再生産するためのリバースエンジニアリング

3Dスキャナを利用した数値化は、対象物を正確に採寸するには適していますが、その数値だけでは対象物を再生産することはできません。

当社が強みとするリバースエンジニアリングの手法は、単に対象物をありのままにデータ化するのではなく、対象物の再生産を最終目標とし、必要な数値を導くことを目的にするものです。技術者としての感覚が必要とされ、3Dスキャナーではなく、3次元測定器、ノギス、マイクロメータといった測定器材を利用しています。寸法測定による真値に加えて公差設定を導きます。数値化し、図面化されたものは、そのまま実際の試作や量産に使用することが可能です。

このようなリバースエンジニアリングには、詳細な設計知識を持ち、使用用途を十分に把握している必要があります。当社では機械設計の知識と測定技術を融合させる事で、様々なお客様からのリバースエンジニアリングのご要望にお応えしております。

【アウトプット】3Dデータ、2DCADデータ(図面)、立体物(樹脂、金属)