まずはお問い合わせを

お問い合わせ

機械の設計・開発を総合的にサポート

TOKYO機械設計開発は、企業の製品や機械設備等の新規開発を技術・製造面でトータルにサポートしています。

半世紀を超えるものづくりの経験とノウハウ、高度な設計能力と最先端の加工技術への知見を併せ持っています。変化が早くスピード感が求められる時代に、頼れる技術パートナーとしてお客様の様々な課題解決にコミットします。

新製品開発の技術的課題を解決

機械開発支援

Engineer technician designing drawings mechanical parts engineering Engine
manufacturing factory Industry Industrial work project blueprints measuring bearings caliper tools

機械開発支援

アイディアを製品化するまでのあらゆるプロセスで、技術サポートをいたします。

製作手法を加味した上での提案書やプレゼンテーション用資料の作成から、各種解析、試験要領の立案・実施まで対応いたします。

3D設計・図面化

3D render - part floating over a 2D drawing

3D設計・図面化

3D CADを活用した3D設計によりお客様の製品イメージを具現化します。ご提案の時点で3Dの可視化した資料をご確認いただけます。

作成した3Dモデルを元に製作用図面も作成可能です。また、図面から3Dモデリング作成のお手伝いもさせていただきます。

リバース・エンジニアリング

3D render - red CAD part

リバース・エンジニアリング

図面を逸失した製品の復元など、現品を測定、数値化・図面化し製造を可能にします。

3Dスキャナを利用した形状復元はもちろんですが、3次元測定器による精密測定からのリバースエンジニアリングにご定評をいただいております。

取扱分野

機械製品

企業の新しい製品の開発をお手伝いします。機能性の高いローラーからドローンやロボットまで、様々なニーズに対応しています。

機械装置

アナログの単純なものから、電子制御などを取り込んだ複雑な機械装置まで、多種多様な用途や機能に幅広く対応しています。

治具等

企業の様々な治具づくりのニーズに対し、創造的に取り組んでいます。弊社が得意にしており、多くの実績を積み重ねています。

新規開発の技術パートナー

TOKYO機械設計開発は、企業の技術面でのパートナーという立場で、お客様の新しい機械や設備の開発をサポートしています。大事にしているのは「開発の各段階」を支援するという基本姿勢とスタンスです。最終製品にコミットするのではなく、開発のプロセスを伴走することにコミットします。

お客様の持つアイデアやイメージを形にするには、様々な段階(フェーズ)を踏んでいく必要があります。発注側、受注側の双方において、いかにスピード感を持ちつつ、リスクを抑えながら開発を進めることができるかが大変重要です。開発における技術面でのスペシャリストとして、案件ごとに最適な役割の明確化、受注形態、フェーズやスケジュールをご提案しています。

事例:東京電力様

TOKYO機械設計開発(株式会社小川製作所)は、東京電力パワーグリッド株式会社より電力ケーブルの外導削り器補完治具の開発委託を受けて技術協力を行い、試作品を完成、新規開発した技術の特許申請を共同で行い、開発した製品の量産時における製造販売を小川製作所が担うことに合意しました。

技術者紹介

取締役 小川真由

1980年生まれ。慶應義塾大学大学院 理工学研究科を卒業後、富士重工業株式会社 航空宇宙カンパニーに入社。航空機設計部にて新規航空機の開発に携わる。その後、5軸加工を得意とする切削加工業者にて技術、営業、経営について実務経験を積んだ後、現職。

まずはお問い合わせを

お問い合わせ